circle01 arrow03 arrow01 arrow02 mainxisual_arrow01 more01 file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

COURSE コース紹介

6年一貫教育コース応用生物科学科

応用生物科学科では、平成29年4月から学部4年間と大学院2年間の6年を一貫して教育する新コースをスタートします。

学科のカリキュラムの特徴

応用生物科学科に入学すると、1年次では専門基礎を体系的に学ぶことを目標に、バイオサイエンスの基礎となる科目を学ぶと共に、専門科目の導入が用意されています。生物・化学・物理の基礎力を身につける実験もふんだんに楽しめます。

2年次では、応用力を磨くことを目標に、生命科学のコアとなる科目、さらに生命機能を巧みに利用、改変して有用物質の生産や医療、地球環境の保全に役立つバイオテクノロジー関連の講義、演習、実験を学びます。

3年次では、幅広い専門選択科目や特別講義、実験が用意されており、学生は、自分自身の学問に対する意欲と自主性に基づいて、将来の進路を真剣に考えながら履修を進めます。

4年次では、集大成としての卒業研究を必修科目とし、研究室に所属して教員の指導の下、大学院生との活発なディスカッションを通して専門テーマを追求します。

さらに研究がしたい、研究を生かした就職に就きたい

しかし、近年、高度化する生物科学や、動物、植物など生物を対象とした分野は、実験に長い時間がかかることがほとんどで、就職活動に要する時間を考えると4年次1年間の研究では物足りないと感じる学生が多くなってきています。このため、卒業生の7割程度は大学院に進学します。もちろん、将来、さらに高度な研究開発職に就くために進学する学生も多いです。そこで、このような研究意欲のある学生は、3年次後期から研究室に所属し、研究の準備をスタートできるような制度を開始しました。さらに、学部・大学院「6年一貫教育コース」を選択すると、大学院修士課程までの3年間に、自主性を生かした研究に集中することができます。

学部・大学院6年一貫教育コースのメリット

学部・大学院6年一貫教育コースでは、大学院修士課程で履修しなければならない科目(10単位分)を学部のうちから履修することにより、修士課程1年生で研究に充当できる時間を増やすとともに、研究力を早く身につけ、海外留学などの機会を増やすことができるようになります。特に、博士後期課程をめざす学生は、在学中に海外に留学して研究を行うことにより、国際性を身につけることもできると期待されます。また、一貫して研究に集中できるため、博士後期課程まで進学した場合、通常より1年早く、修士課程修了後2年で、所定の要件を満たせば博士(理学)の学位を取得できるようになることが期待されています。東京理科大学では、博士後期課程の学費が実質的に無料となる奨学金制度をほとんどの学生が利用しています。

本コースの学生には、学部段階から6年一貫教育コースカリキュラムが適用されます。これにより、従来よりも早い段階で高度な専門的研究能力を身につけられます。また、6年一貫教育コールと同時に開始される学科・専攻を超えた横断コース(「医理工学際連携コース」、「農理工学際連携コース」など)を選択した学生は、並行して学際的な研究分野を学び、修士(理学)、博士(理学)の学位に加えて、「横断コー修了証」が授与されます。

こうした独自の集中的専門教育は、大学院修了後の就職の際に大きなアピールポイント尾となることが期待されます。また、大学院の早い段階で研究成果をあげることにより、日本学生支援機構等の第一種奨学金返還免除や、博士後期課程進学時に日本学術振興会特別研究員への採用を目指す際にも有利になると期待されます。また、大学院教養科目として、知的財産、英語によるプレゼンテーション、生命倫理などの講義が受講可能であり、社会で活躍するために必要な広い視野を習得できます。

この新しいカリキュラムを活用して、生物が好きな皆さんが、幅広い視野や研究力を身につけて、政界に羽ばたいていかれることを期待しています。

応用生物科学科の6年一貫教育コース: 複合的・領域横断的・革新的なアプローチにより、世界を先導する研究教育を一年次から大学院まで一貫して指導

図 応用生物科学科イメージ