circle01 arrow03 arrow01 arrow02 mainxisual_arrow01 more01 file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

MESSAGE 学部長メッセージ

理科大の野田から世界のNODAへ

理工学部の基本理念は、事物の本質を探究する理学とその知見を応用する工学の連携、融合のもとに教育・研究を展開し、新たな科学技術を創造することです。

理工学部は2017年に創立50周年を迎えます。そこで、理工学部50周年プロジェクトとして、今後の50年のあり方を示す“RESONANCE 自然、環境、宇宙そして人、共に響き合う理工学部へ”をキャッチフレーズに掲げて、学科・専攻を超えた、多様性に富んだ先端的応用・基礎研究を推進していきます。
今後の50年の研究に向けたコンセプトとして,“理科大の野田から世界のNODAへ”を掲げ,教育、人材育成に向けたコンセプトとして、自ら発見し自ら解決できる、問題発見力と問題解決力を掲げています。

理工学部改革を達成するための「学科の中長期計画と今後の50年に向けたビジョン」を策定し,これを理工学部創設50周年プロジェクトとして広く社会に公表していきます。これらを策定するに当たっては,広くOB/OGの意見を求めています。このプロジェクトを契機に、学部・学科・研究室およびOB/OGとの協働体制も含めた今後に向けた体制作りを構築していくことを考えています。

具体的には、50周年を迎えるにあたって、野田キャンパス再構築が始まり、キャンパス内の建物の新築、改装を含めた整備が行われていきます。

また、新しい取り組みとして、2017年度から2つのコースが開始されます。

理学から工学までの10専攻を有する理工学研究科では,従来の各専攻において行ってきた学部4年と修士1・2年の研究,教育に加えて,学科,専攻を超えて横断的にかつ強力に推進する横断型コースを導入します。

横断型コースは,専攻を跨いだ幅広い分野から参加可能なコースで,異なった分野からの知識やスキルを参加する学生に提供することのできるコースです。理工学部創設50周年にあたって今後の50年のあり方を示すキャッチフレーズの“RESONANCE 共に響き合う理工学部へ”を実現するものといえます。

また、いち早く専門的研究能力を養成するために、学部1~3年と学部4年、修士1,2年を連結した“3年+3年教育”の6年一貫教育コースを応用生物科学科、先端化学科から導入していき,研究を通した教育により,社会が求める優れた人材の養成を目指します。6年一貫教育コースでは,学部1~3年までは学科で基礎力を養い,学部4年~大学院では研究室による個別指導と研究室や専攻の枠を超えた集団指導の2本立ての指導体制により,将来的には10学科の多様性を活かした教育研究を推進していきます。

イメージ:今後のビジョン

今後のビジョンとしては、さまざまな分野を網羅、展開している理工学部10学科の特色を生かした、4つの教育研究グループ(Computational Design、Things Design、Material Design、Space Design)と、それらを総合するSystem Designに分け、それぞれのグループがお互いに重なり合い、横断的で学際的な展開ができる組織にします。そして、各グループは、自然との共生(nature)、環境(Environment)、宇宙(Space)、人(Human)の4つの分野を目指します。また、人格形成、理系教養を支える教養教育も合わせて行います。

また、先端研究拠点であるリサーチパーク型キャンパスとして野田キャンパスの構築するため,野田キャンパスにある研究所、研究センター、総合研究院、薬学部、さらに国や企業の研究機関が集まるつくば学園都市と都心との中間にある地の利を生かした外部機関との連携も含めて,特色ある研究拠点としての地位を確立することを目指します。学部を縦割り組織から学科・専攻の壁を取り払い,研究室の垣根を低くして,学際的な横断的な教育研究を推進する組織に展開していくことを考えています。

写真:井手本 康

理工学部 学部長
理工学研究科長井手本 康

RESONANCE 理工学部50周年プロジェクト
学部長メッセージ

受験生の皆さんへ
~学部長からの応援メッセージ(理工学部編)~