circle01 arrow03 arrow01 arrow02 mainxisual_arrow01 more01 file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

COURSE コース紹介

横断型コース防災リスク管理コース

防災リスク管理コースオリジナルサイト

防災リスク管理コースの概要

近年、発生した大地震でも露呈した通り、想定をはるかに上回る災害が起こり、甚大な被害が発生しています。そして、情報ネットワークの混乱などが被害を増大させる要因になりました。急激かつ複雑に変貌する都市空間は人口集中等による課題が顕在化し始め、国民の人命・財産に対する想定外のリスクの増大が社会にとって大きな懸念事項となっています。高度化した社会基盤の防災力の未熟さは、直接被害を発生させ、さらに災害の連鎖による間接被害を誘発し、社会的損失を招くことになります。今まさに、社会の防災力を増強し、レジリエント(強靭)な社会の構築が求められています。

一方で、世界共通のスタンダードを求める国際化の進展に伴い、災害に対する従来の経験に基づく仕様的スタンダードではなく、科学的理論に裏付けられた性能的スタンダードが必要とされています。世界市場では各国間でそれぞれの国の技術基準の優位性を確保する競争も生じており、これらの国際的動向を包括的に理解し、合理的かつ論理的に対処する方法論が求められています。

以上のような社会動向を踏まえ、防災リスク管理コースは、都市空間の災害に関わる防災およびリスク管理について、理学と工学を融合させた研究・教育の視点で検討していきます。人命・財産に対するリスクを抑制する有効な対策を企てるためには、防災およびリスク管理に関する基礎的、応用的、実務的な知識を基に、その上で様々なリスク事象の現象面を理解する能力、さらに諸国の社会の成熟度に適合した対策を講じられる能力の醸成が必要です。

防災リスク管理コースでは、学際的学問領域の先端知を利用して、防災およびリスク管理のための有効な対策を検討、選定できる専門性の高い人材、また、急速な発展を遂げている諸国の状況を国際的視野から見通せる人材を輩出できるような教育、研究の基盤形成を考えています。そして、防災およびリスク管理に関する講義や演習から習得した理論に基づき、大型実験施設を利用した実践的教育から高度な知識・技術を習得し、未知のリスクに対して柔軟な思考力を備えた人材などを育成していく計画です。

具体的に防災リスク管理コースでは、レジリエントな社会を構築するために必要な研究として、次に紹介するプロジェクトなどを計画、実施しています。

(1)大地震等に対する都市防災力を評価する「都市ヘルスモニタリング」に向けた理論構築と応用

建築・土木等の構造分野で用いられる構造ヘルスモニタリングは、大地震発生後の構造物被害推定と補修対策を目的としています。本プロジェクトによる開発は、主に地震災害を対象に、これを大都市の防災およびリスク管理に応用するものです。大地震発生後だけではなく、地震を含む自然災害発生前後の時系列別対応を想定し、大地震等に対する都市防災力を評価する「都市ヘルスモニタリング」に向けた理論を構築し、レジリエントな防災を伴う災害に強い街づくりを目指しています(図1)。そのために都市ヘルスモニタリングでは、

  • ⅰ)事前の災害リスク評価
  • ⅱ)大地震発生後の即時対応
  • ⅲ)復興に向けた取り組み

の3つのステージに分け、それぞれの固有の課題や問題に取り組んでいきます。

図1 大地震等に対する都市防災力を評価する「都市ヘルスモニタリング」に向けた理論構築と応用

図1 大地震等に対する都市防災力を評価する「都市ヘルスモニタリング」に向けた理論構築と応用

(2)難燃化技術の研究開発と応用

身の回りには、難燃化された物品が多くあります。また、社会のニーズから更にその向上が求められるものもあります。木材もそのような材料のひとつです。近年、地域経済の活性化や地球温暖化抑制のために木材を積極的に利用することが期待されています。2010年には「木材利用促進法」が施行され、研究・開発も活発になってきました。
その様な背景の中、本プロジェクトでは、ホウ酸などの難燃化剤を含浸した木材の燃焼を通じて難燃化の効果を定量的に把握し、木材の炭化を抑止した薬剤処理木材の開発を目指しています。

(3)群衆避難時のシミュレーションモデルの数理と研究開発

広域に及ぶ大規模災害発生時には、多人数の避難者は自力歩行や車などの交通手段などを利用した移動が考えられます。また、それぞれの避難者の移動目的が異なることで移動方向の相違から混乱が予想されます。安全な場所に避難するために、効率的に短い時間で避難できるような避難者の行動をコントロールすることが必要です。そのために避難行動のアルゴリズムを検討したシミュレーションモデルを開発し、避難者の移動方向や避難のタイミングなどを決定する最適な方法論を構築していきます。

10専攻を有する理工学研究科の学問領域を横断的に俯瞰した学際的なアプローチで総合的に防災およびリスク管理を検討することは、レジリエントな社会を創造する上で大きな意味を持つことになります。ここで紹介したプロジェクトなどを進めながら、防災リスク管理コースでは理工学研究科の理学と工学のさらなる有機的な融合を目指していきます。