circle01 arrow03 arrow01 arrow02 mainxisual_arrow01 more01 file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

COURSE コース紹介

「防災リスク管理コース」平成29年度第1回 セミナー「災害と人の行動~避難に関わる数理モデルとシミュレーション」を開催(10/14)

2017年09月28日コースNEW

今年度、理工学研究科では「横断型コース」として6つのコースがスタートし、その一つとして「防災リスク管理コース」が位置づけられ、都市空間に関わる防災およびリスク管理に関わる教育・研究に取り組んでいます。
今回、防災リスク管理コースの教育・研究活動の一環として、本コースに所属する教員を中心に、下記の通り、平成29年度第1回セミナーを開催することとなりました。本セミナーでは、理学および工学のそれぞれの分野の学内外の講師による「災害と人の行動」に関わる講演を予定しております。是非ご参加ください。


                 記



東京理科大学理工学研究科横断型コース 「防災リスク管理コース」
平成29年度第1回 セミナー
「災害と人の行動~避難に関わる数理モデルとシミュレーション」


■日時:平成29年10月14日(土)[講演会]13:30~17:30(13:00受付開始)※入場無料
■場所:東京理科大学 野田校舎(東武野田線 運河駅より徒歩8分) カナル会館3階会議室
■対象:本学教職員・学生
■参加申込:自由。事前申込不要。

■タイムスケジュール(13:30~17:30)

13:30~13:35 挨拶(学部長・研究科長:井手本康教授)

セッション1 司会 栁沼秀樹講師
13:35~14:05 萩原一郎教授(東京理科大学総合研究院火災科学研究センター)
「避難行動に関する全体像」
14:05~14:35 友枝明保准教授(武蔵野大学 工学部 数理工学科)
「避難行動を記述する数理モデルからの示唆と実証実験」
14:35~15:05 水野雅之准教授(東京理科大学大学院 国際火災科学研究科)
「高層ビルの全館避難を想定した階段からの避難」

15:05~15:30 休憩

セッション2 司会 牛島健夫准教授
15:30~16:00 浦田淳司特命助教(神戸大学大学院 工学研究科 市民工学専攻)
「避難開始選択の行動モデル 〜将来効用と他者の影響〜」
16:00~16:30 栁沼秀樹講師(東京理科大学理工学部土木工学科)
「豪雨災害時におけるドライバーの経路選択シミュレーション」
16:30~17:00 円谷信一氏(三菱重工業株式会社 原子力事業部 )
「広域災害を想定した都市レベルの避難」

17:00~17:25 講演内容に関する質疑応答

17:25~17:30 閉会の挨拶(コース長:大宮喜文教授)